ユニクロジーンズCMのローラのセリフ全文【動画も】コメントがかっこいいと話題に

SHARE

ユニクロジーンズCMのローラのセリフ全文【動画も】コメントがかっこいいと話題に

 

 

なんとなーくテレビを眺めてたら、かなりビビッとくるCMが流れてきてびっくりしたよ。

だってあのローラのあんなに真面目な姿なんて、全然見たことなかったから。

 

てことで、今回は巷でかっこいい!と話題になってるローラ出演のユニクロCMについてチェックしてみたよ。

Sponsored Link

 

ローラ出演のユニクロジーンズのCMが話題に【動画】

 

百聞は一見に如かずってことで、まずは実際のCM動画を見てみよう。

 

どうだろ、テレビで初めて見た人はちょっとびっくりしたかもしれない。

これまで美容とかコスメとか飲食とかいろんなCMに出演してきたローラだけど、こんな雰囲気で出てきたのは初めてじゃないかな。

 

このCM自体は、ユニクロの細身のストレートジーンズ『シガレットジーンズ』を宣伝するもので、ローラも実際にジーンズをはきながらの撮影になってるね。

相変わらずの美脚に綺麗な海が合わさって(ロサンゼルスの海なんだって)、思わず見とれちゃうようなCMにはなってるんだけど、やっぱりみんなが気になったのはそこじゃないと思う。

 

やっぱりこのCMでは、ローラが喋っている内容にみんなも驚いたんじゃないかな。

 

『リミットはないじゃん、何も。』

 

そう始まった30秒間のローラの話には、どんな意味が込められているんだろう。

 

CM内のかっこいいセリフ・コメント全文

 

はっきりとした口調で語りかけるその内容がすごく気になったから、セリフ(コメント)を全文まとめてみたよ。

ローラが伝えたいことは何なのか、そんなことを考えながらじっくり読んでみてほしい。

 

リミットはないじゃん、何も。

リミットはないし、誰かに言われて『私はこうでないといけない』ということもないじゃん。ね。

 

だって『みんなそれぞれその人の人生があるから、思い切り楽しい!好き!と思ってやっていこうよ!』ってなんか思う。

 

『自分は自分で作る。』だよね。

で、言い訳はしない。

 

それが自分だから。

 

そう思わない?

 

 

こうして文字で見てみると、改めて良い言葉だなあって思う。良いCMだなあって思う。

 

別に人生にリミットなんてないし、それはもちろんやりたいことにもリミットなんてない。

それに、他人の意見とか常識とか、偏見とか、そういうつまんないものに自分が染められちゃったら、人生つまんないと思うんだよね。

 

だからこそ自分という人間やその人生を、自分自身の手で作っていきたいし、そんな全力の生き方に言い訳なんかしたくない。

 

ほんとこのローラの言葉には共感しかなくて、だからこそこのCMがたくさんの人の心に響いてるんだと思う。

https://twitter.com/yuri_0913/status/899829095764172800

https://twitter.com/yumyums00319/status/899679470667186176

 

こんな風に、ローラの新しい一面に驚いたり、そのセリフの内容に共感する人がたくさんいるみたいだね。

 

そして、そんなローラがこのCMで話したことは、きっと彼女なりの意思表示なんじゃないかなって思う。

Sponsored Link

 

 

ローラなりの意思表示なんだと思う

 

ローラはこのCMの撮影にあたって、こんなコメントを残してるね。

「ジーンズは昔から好きだったけど、最初はうまくコーディネートできないと思いながら試行錯誤してたの。

でも、似合うようになりたいとずっと願ってチャレンジしていったら、いろんな方に褒めてもらって、コンプレックスが『うれしい』に変わっていった」

というローラさん。

 

「そんな思い入れあるジーンズのCMに出演させてもらって、とっても光栄です。みんなも自分でリミットを決めず、ユニクロの新しいジーンズで思い思いのコーディネートを楽しんでね!」

とメッセージを寄せている。

 

引用元:https://mantan-web.jp/article/20170820dog00m200004000c.html

 

ローラって、これまでは『OK!うふふ』って何でも笑い飛ばしてみせるような、今までにいないタレント・モデルさんだったよね。

 

でも、所属している芸能事務所『LIBERA(リベラ)』との確執があってからは、何かと世間を騒がすことになったりして。

2010年7月に有効期間が満10年の契約(芸能界でも異常な長さ)を結んで、事務所の方も勝手に契約が更新されるシステムで運営してたり(結果として20年間も事務所に拘束されかねない)、事務所内でも孤立してたりしたんだって。

 

ローラの面倒を見てくれてた取締役が退任してから、ローラを守ってくれる後ろ盾がなくなったって話も有名だよね。

 

しかもボランティアのためにと拠出した2000万円もの金額が、使途不明になったりもしていて、もうローラも限界を迎えてたのかもしれない。

実際に『このままでは自分自身が壊れちゃう』って、精神科にまで通院してたんだ。

 

ローラ がどれだけつらい思いをしてきたか、あの陽気ないつもの雰囲気の裏にはきっとたくさん我慢してることもあったんだと思う。

  

これからは他の事務所に移動する手続きが進められてたり、やっと前を向いて進み始めたところなんだけど、このCMはそんな転機を迎えたローラなりの意思表示なんじゃないかなって。

 

ジーンズが似合うようにチャレンジし続けた結果、他人から認められるようになったように、最初はうまくいかなかったことでもきっとうまくいくって。

昔みたいに『OK!うふふ』って、何でも笑い飛ばせる日がきっとくるって。

 

そうして何よりも自分自身を信じたローラなりの、意思表示なんだと思うなあ。

 

『自分は自分で作る。』っていう言葉もあったけど、本当にこれからローラらしい道を歩んでいってほしい。

そういう意味でも本当に心に響く、とても良いCMだったね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です