インディードCMに「不快」「嫌い」「しつこい」との評判が…飽きた人も多い模様。

SHARE

インディードCMに「不快」「嫌い」「しつこい」との評判が…飽きた人も多い模様。

今回は、もう世間ではおなじみとなっている「インディード」のCMについてチェックしていきます。

「幸せなら手をたたこう」の曲をモチーフに、まるで「仕事するならインディードにしよう」と謳っているかのようなあのCM。CM業界のことはよくわかりませんが、宣伝に対する熱量と会社のエンタメ精神を感じられるいいCMだとは思いますが、どうやら色々な意見が飛び交っているようです。

実際の動画やTwitterなどで上がっている意見も参考にしながら、インディードのCMについて見ていきましょう。

毎度おなじみ「インディード」のCM

 

毎度おなじみとなっているであろうインディードのCMですが、実際にCM動画を見てみると…

 

このような感じになっています。

斎藤工さんと泉里香さんという美男美女をそろえながらも、このシュールな世界観。2人だからこそこの独特な雰囲気も醸し出せると思いますね〜。

 

で、そのインディードはリクルートの傘下にある企業なのですが、親元のリクルートが放送しているタウンワークのCMなんかは、かなり評判もいいですよね。松本人志のあのシュール感溢れる独特な世界観が、「早く次のシリーズも見てみたい」とテレビを見ている人の好奇心をくすぶっている。ような気がします。

 

インディードCMに「不快」「嫌い」「しつこい」との評判が…飽きた人も多い模様。

さて、そんな大人気タウンワークCMに追いつけ追い越せの勢いで広報されているインディードのCMですが、なかなか良い評判を得られていないという現状があるんです。実際にTwitterでつぶやかれている、インディードCMに関する評判や評価を見てみましょう。

 

まあ個人的にはCMに対してそこまで感情が生まれるわけではないので、あまり共感できるわけではありませんが、このような声も多く上がっているようですね。でも、あのCMを確かに何度も何度も繰り返し見せられたら、まあちょっとは何かしらの感情が生まれるのもわからなくはありません。

 

で、実際に「不快」「嫌い」「しつこい」とCMは少なくはないのですが、その理由はなぜなのか?ということを考えたときに、まず浮かんでくるのが「宣伝張り切りすぎ問題」でしょう。このインディードのCMにしても、「仕事探しはインディード」という概念を否が応でも世間に浸透させるための効果的な施策として、その言葉や企業名を繰り返しているとは思うのですが、まあちょっと言い過ぎなところはあるかもしれません(笑)

ここのところの「飽き」や「不快感」と「中毒性」ってものすごく紙一重なところがあって、それがうまく世間の人たちの潜在意識にハマったときは、「あのCM何度見ても面白い」「もっと見ていたい」というようになるわけです。その潜在意識への語りかけが、インディードは悲しくもハマらなかった(ハマっている人ももちろんいる)ということですね…悲しいかな。

 

ただ、そうして非難や批判の声が多く上がっている中で、このようにインディードのCMに対して前向きな意見も少なからず上がっています。

結局気にならない人は気にならないし、むしろ気になりすぎて嫌いと好きが逆転してしまうような時空の歪みも発生していく。それがCMです。

こういった意見を見てみても、まあ「人によって好き嫌いってあるよね」とここではまとめておくのが無難かと思うので、そうまとめておきます。

Sponsored Link

とりあえずインディードのCM動画をまとめてみる。

さて、散々不快だの好き嫌いがあるだの言ってきたインディードのCMですが、最後の最後に現時点まで放送されてきたCMをいくつかまとめておきましょう。

斎藤工さんと泉里香さんが基本的に出演しているのですが、最近は千鳥のノブなんかも出演し始めていて、今後どういったキャスティングが行われていくのか?ということにも注目したいところです。ちなみに芸人の中では千鳥が一番好きです。

 

そして、こうしていくつか連続で見てみるとまあ確かにきつくなってくるかもしれないので、僕が個人的に一番好きなインディードの動画を掲載しておきます。

 

芸人の中で、二番目に和牛が好きです。はい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です