RYOMA

毎週毎週、まるで壊れた時計のように巡ってくる月曜日。学校はつまらない、仕事はつらい、この先いったい何回の月曜日を迎えるんだろう。何回のため息を口から逃してしまうんだろう。でもそんな人生なんてつまらないと思う、クソだと思う。だから今日も文字を綴ってお金を稼ぐ、這いつくばってでも自由を掴む。だって僕らはいつだって、月曜の朝くらいゆっくり寝てたいもんだから。